フェロモンでモテる効果って嘘?ホント?

フェロモン香水

動物や昆虫にはフェロモンという物質を放出し、それは匂いに含まれる物質でそれを嗅いだ異性を惹きつけ、それによって性的な衝動などに至らせる魔法のような存在となります。

当然に人間も動物から進化したという側面を重視すれば、存在するとされ、それで異性を惹きつけることができるとされます。

ホルモンとフェロモンの違い

もっとも似たような言葉にはホルモンが存在しますが、それは男性と女性により違いがあります。

ホルモンの分泌は、男性なら男性らしく、女性なら女性らしくなるための性差を生み出す上で必要な物質です。

フェロモンとの違いは体外的に働くか否かになり、ホルモンは自身の性の特徴を生み出す上で作用されるので対外的に働くことはありません。

フェロモンはアポクリン腺から出る

人間の場合、皮膚から汗が出たりしますが、皮膚に存在するアポクリン腺から放出されます。

汗自体は無臭ですが常在菌が繁殖する中で、臭いを持ちそれが体臭になります。その程度には個人差があり、強烈に臭う人やそれほど臭わない人という具合に様々です。

一般的には他人の体臭は臭いというのが定番になりますが、それは違和感を感じさせることが主眼になっています。

体臭が一切しないのは理想的だったりしますが、それは逆にアピールポイントに欠けてしまうことになります。

つまり匂いがあることで自己アピールに繋がることが可能です。

モテるかどうかはフェロモンの強さに比例する?

よく異性にもてるか否かを判断する場合には、モテ成分であるフェロモンが強いか弱いかにより違いがあるという説が存在します。

もっとも体臭自体が、そのまま異性には生理的に受け付けなかったりすることもあり、それがきつい人は逆に嫌悪される傾向が強いのも事実です。

そのため香水をつけることで、好まれるような感じにして、それで違った色気を生み出す努力を人間はするわけです。

匂いは記憶に残りやすい

よく生理的に受け付ける香水の匂いを嗅ぐことで、それによって忘れない記憶に残るとされるケースがあります。

それだけ異性にとって、心地よい形で嗅覚に訴えことは必要不可欠な要素になるのです。

そうなるとフェロモンが含まれている体臭などは意味がなく、人工的な香水の方が好ましいのではないかという説が存在します。

つまり
必ずしもフェロモンがあるからモテるのかと言われれば、人間の場合には該当しないと言えそうです。

一見するとモテ成分とは言えないのが事実になるかもしれません。

ところがお互いに付き合うなどの関係性を維持する上では、実は香水などの人工的な匂いよりも体から発せられる自然な匂いの方が大きく関与します。

逆に円滑な男女の関係性を期間をかけて保つ上では大きく左右することも多く、これは人間が社会的関係性を大事にする生き物だからです。

結局、フェロモンでモテるの?モテないの?

フェロモンでモテるかどうかは、まるっきり嘘とはいえませんし
絶対に本当も言い切れないのですが、動物や昆虫がフェロモンで異性を誘発することがあるので

人間にもまるっきり効果がないとは言い切れません。

嘘みたい効果がある?フェロモン香水はボディセンス